1994年09月01日

経済の動き

文字サイズ

  1. 米国経済~景気拡大持続、金利は強含み基調
    (1)景気全般~94年4Q頃からソフト・ランディングへ
    (2)物価~当面は安定基調、年末にかけインフレ率はやや上昇へ
    (3)金融政策・金利動向

  2. 日本経済~景気は底這い圏の中、やや改善方向
    (1)最近の景気指標~強弱入り交じるなか、やや改善傾向にある景気マインド
    (2)金利動向~横這い圏続く
    (3)円高の貿易・経常黒字に与える影響
    (4)民間消費の動向~「改定経済見通し」通り堅調な伸びへ
    (5)雇用調整の動向~調整は緩やかに進捗

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ