1989年11月01日

西独の保険コンツェルンのリストラクチャリングについて -西独生保の持株会社化・株式会社化の動き-

  白蓋 洋市

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.西独背宇穂の経営形態
3.西独生保のリストラクチャリングの動き
4.リストラクチャリングの問題点
5.おわりに

■はじめに

ドイツ銀行のフランクフルト支店から当座預金の残高明細書に添えてドイツ銀生命保険の会社紹介パンフレットが送られてきた。昨年12月に生命保険会社の設立を発表、今年8年に連邦保険監督庁より設立許可を取得し、今秋以降営業開始の発表をしたドイツ銀行もそろそろ動き始めたようである。

銀行の生保業界進出やEC統合に備える外国生保の参入あるいは業界再編と、西独生保をめぐる経営環境は大きく変わりつつある。

本稿では、このような状況下、経営力強化の一方策としてグループのリストラクチャリングをすすめる西独生保の動きについて紹介したい。

このレポートの関連カテゴリ

白蓋 洋市

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【西独の保険コンツェルンのリストラクチャリングについて -西独生保の持株会社化・株式会社化の動き-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

西独の保険コンツェルンのリストラクチャリングについて -西独生保の持株会社化・株式会社化の動き-のレポート Topへ