2024年02月08日

保険・年金の消費者動向レポートの公表(欧州)-EIOPAからの報告書の紹介

保険研究部 主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任 安井 義浩

文字サイズ

■要旨

2024年1月23日、EIOPA(欧州保険・企業年金監督機構)から、EUにおける保険と年金の消費者動向に関する報告書が公表された。高いインフレと金利上昇による資産運用難と実質利回りの低下に加え、消費者側の家計の苦しさから、現在は保険加入意欲が低下している傾向がみられる。それとは別に、様々な消費者層(男女、年令、移民など)があることを認識した上で、それぞれに適切な保障が提供されるよう、ある意味で公平な取扱いが保険会社等に求められるようになってきている。

■目次

1――欧州における保険と年金の消費者動向調査
2――主要な項目
  1|消費者の保険離れの懸念
  2|消費者層によって差がある懸念点やリスク
  3|保険商品の貯蓄機能に対する信頼度の低下
  4|テクノロジーの進歩
  5|金融リテラシーの向上とともに、年金だけで退職後大丈夫かという懸念の高まり
  6|その他
3――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【保険・年金の消費者動向レポートの公表(欧州)-EIOPAからの報告書の紹介】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険・年金の消費者動向レポートの公表(欧州)-EIOPAからの報告書の紹介のレポート Topへ