2021年09月07日

中国、「医療保障法」制定へ

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国は現在、医療保障制度の基盤となる「医療保障法」の制定を目指している。そもそも医療保障体系や、医療保険制度のあり方は国・地域によって大きく異なるが、中国は公的医療保険による給付を基礎的な内容にとどめ、民間保険などの市場や寄付・非営利活動を積極的に活用する多層的な体系を構築しようとしている。その背景には、社会が急速に変容する中で、雇用と医療保障をどう結び付け、維持していくかという大きな課題がある。

■目次

1――国家医療保障局が「医療保障法」のパブコメ案を発表
2――多層的な医療保障体系の構築、市場や寄付、非営利活動の積極的な活用
3――5つの内容で構成される医療保障体系
4――介護保険制度についても言及
5――新型コロナ以降、雇用形態が流動化する中で、民間保障・保険市場が果たす役割が拡大
6――公的領域と私的領域の境界や役割分担がフレキシブルな協働運営へ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国、「医療保障法」制定へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国、「医療保障法」制定へのレポート Topへ