2021年06月01日

ドイツの責任準備金評価用最高予定利率が2022年から0.25%に-BMF(財務省)の決定内容と関係団体の反応-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ドイツの責任準備金評価用の最高予定利率(Höchstrechnungszinses:HRZ)を巡る動向については、これまで何回かの保険年金フォーカスで報告してきたが、直近では、保険年金フォーカス「ドイツの責任準備金評価用最高予定利率を巡る最近の動き-DAV(ドイツ・アクチュアリー会)が0.9%から0.25%への引き下げを推奨-」(2021.2.12)において、DAVが0.90%から0.25%への引き下げを推奨していることを報告した。

こうした動きを受けて、BMF(ドイツ連邦財務省)は、2022年1月1日から保険や年金の責任準備金評価に対する最高予定利率を0.9%から0.25%に引き下げることを決定して、3月25日に、これに伴う法令の改正草案を公開した。さらに、これに対する関係団体からの意見を踏まえて、4月27日に法令改正を公表した。

■目次

1―はじめに
2―責任準備金評価用最高予定利率設定ルール等の現状
  1|責任準備金評価用最高予定利率
  2|責任準備金評価用最高予定利率の意味合い
  3|直近の金利の状況
3―今回のBMF(連邦財務省)の決定による法令改正内容
  1|「責任準備金命令(DeckRV)」における最高予定利率に関する規定改正
  2|「年金基金監督条例(PFAV)」における最高予定利率に関する規定改正
4―関係団体の意見や反応等
  1|GDV(ドイツ保険協会)
  2|DAV(ドイツ・アクチュアリー会)
  3|BdV(被保険者連盟)
  4|保険会社の対応等
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【ドイツの責任準備金評価用最高予定利率が2022年から0.25%に-BMF(財務省)の決定内容と関係団体の反応-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドイツの責任準備金評価用最高予定利率が2022年から0.25%に-BMF(財務省)の決定内容と関係団体の反応-のレポート Topへ