2019年06月17日

ドイツにおける追加責任準備金(ZZR)制度の見直しによる影響-2018年決算における影響等が判明-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

生命保険事業概況 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ドイツの生命保険会社の法定会計において、一定のルールに基づいて強制的に追加責任準備金の積立を求める、いわゆるZZR(Zinszusatzreserve)制度については、2011年に導入された後、「昨今の低金利環境下で、この制度に基づく、追加の責任準備金積立負担が大きなものになっていたことから、制度の見直しが行われ、新たな計算ルールが2018年決算から適用されることになった」ことについて、保険年金フォーカス「ドイツにおける追加責任準備金(ZZR)制度の見直しを巡る動き-2018年決算から見直しを行う法令改正が発効-」(2018.11.20)(以下、「前回のレポート」という)で報告した。

昨今、2018年決算の結果が公表され、各社のSFCR(Solvency and Financial Condition Report:ソルベンシー財務状況報告書)やBaFinの2018年のAnnual Reportを通じて、この新しい制度適用の状況が明らかにされてきている。

今回のレポートでは、こうした各社のZZR積立の状況について報告する。

■目次

1―はじめに
2―ZZR制度について
  1|ZZR制度の概要
  2|ZZR制度による追加責任準備金の積立状況(2017年末まで)
3―2018年のZZR制度の見直し内容について
  1|回廊法(コリドー法)の採用
  2|見直しによる効果-参照利率-
4―2018年末のZZRの積立て状況-2018年のZZR制度の見直しによる影響-
  1|見直しによるZZR積立額への影響(業界全体)
  2|見直しによるZZR積立額への影響(各社)
  3|見直しによる影響についての各社のSFCRの記載内容
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【ドイツにおける追加責任準備金(ZZR)制度の見直しによる影響-2018年決算における影響等が判明-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドイツにおける追加責任準備金(ZZR)制度の見直しによる影響-2018年決算における影響等が判明-のレポート Topへ