2021年01月19日

2020年 年金改革の全体像と次期改革の展望

保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任   中嶋 邦夫

イデコ(iDeCo) 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2020年の年金改革は、同年3月3日に法案が国会へ提出された後、5月29日の参議院本会議で可決・成立した。新型コロナウイルスの影響で国会審議はあまり注目されなかったが、その前年(2019年)を思い起こすと、老後資金の2000万円問題や5年ぶりに公表された年金財政の将来見通し、働きながら年金を受け取ると減額される仕組み(在職老齢年金)を巡る混乱など、様々な点が話題になった。ただ、成立した内容は当初の案よりも後退しており、国会では次期改革に向けて、改正法附則の検討規定の追加や多数の附帯決議が行われた。

本稿では、2020年年金改革の全体像について背景や概要を振り返るとともに、残された課題を確認して次期改革を展望する。

■目次

1 ―― 2020年改革の背景
2 ―― 2020年改革の概要
3 ―― 次期改革の展望
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度全般、家計貯蓄行動

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年 年金改革の全体像と次期改革の展望】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年 年金改革の全体像と次期改革の展望のレポート Topへ