2020年11月27日

多様化する株式市場への上場手段を考える-IPOに代わる上場手段「SPAC」、「ダイレクトリスティング」

金融研究部 准主任研究員   原田 哲志

株式 規制・制度改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国でIPOに代わりSPACやダイレクトリスティングによる株式市場への上場が増加している。米国では上場企業の数が減少し、取引所の活性化が課題となっている。このような中で、SPACやダイレクトリスティングといった新たな上場手段の普及による上場の促進に向けた取り組みが行われている。日本でも、上場手段の多様化は証券市場の活性化やスタートアップへの投資の促進に資すると考えられ、本格的な対応が必要だと思われる。

■目次

1――新たな手段による株式市場への上場が増加
2――SPAC、ダイレクトリスティングの増加の背景
3――多様化する株式市場への上場手段 に向けたニューヨーク証券取引所の取り組み
4――日本での上場手段の多様化に向けて
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   准主任研究員

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

アクセスランキング

レポート紹介

【多様化する株式市場への上場手段を考える-IPOに代わる上場手段「SPAC」、「ダイレクトリスティング」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

多様化する株式市場への上場手段を考える-IPOに代わる上場手段「SPAC」、「ダイレクトリスティング」のレポート Topへ