2020年09月24日

2021年度に向けた保険・年金関係の税制改正要望の動き~例年よりひと月遅れ。先に各業界の要望を眺めてみた。

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

社会保障・税改革 財政・税制 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナ感染症対策を優先して、2021年度に向けた予算・税制改正の議論は例年よりひと月遅れで開始されることになっている。基本的には予算は前年並みをベースに所要の検討となり、税制についても大きな改正は難しいと思われるが、保険・年金に関する業界からの要望を確認しておく。

■目次

1―はじめに~わが国における予算・税制の検討スケジュール
2―保険・年金関係の最新の税制改正要望事項
  1|生命保険に関する要望項目
  2|損害保険に関する要望項目
  3|年金に関する要望項目
  4|その他の金融商品に関する要望事項
3―おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年度に向けた保険・年金関係の税制改正要望の動き~例年よりひと月遅れ。先に各業界の要望を眺めてみた。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年度に向けた保険・年金関係の税制改正要望の動き~例年よりひと月遅れ。先に各業界の要望を眺めてみた。のレポート Topへ