2020年08月13日

二極化が進む現金流通高~一万円札は急増、五円玉は減少止まらず

経済研究部 上席エコノミスト   上野 剛志

このレポートの関連カテゴリ

キャッシュレス 金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

我が国ではキャッシュレス化の遅れが指摘されるが、キャッシュレス支払額が個人消費に占める割合は年を追うごとに上昇している。

一方で、我が国の現金流通高は一貫して明確な増加基調を示している。本来、キャッシュレス化の進展は家計や企業による現金使用機会の減少を通じて現金流通高の減少に繋がるはずだが、現状はそうなっていない。一見すると不可解な動きだ。

キャッシュレス進展下での現金流通高増加について、その要因を探る。

■目次

1――キャッシュレス化進展でも現金流通高は増加基調
  1|紙幣発行高のトレンド
  2|硬貨流通高のトレンド
2――現金流通高の最近の動向
  1|紙幣発行高の動向
  2|硬貨流通高の動向
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

アクセスランキング

レポート紹介

【二極化が進む現金流通高~一万円札は急増、五円玉は減少止まらず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

二極化が進む現金流通高~一万円札は急増、五円玉は減少止まらずのレポート Topへ