2020年04月14日

真価が問われる日銀のETF買入政策

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

ETF 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナ・ショックを受けて日銀がETFの買入ペースを拡大させている。非常時の対応としては辛うじて正当化できるとしても、中長期的には効果が乏しい。今年3月の株価急落によって巨額の国民負担となる可能性もあった政策を、いつまでも続ける意義があるのか大いに疑問だ。

◆ポイント

1. 日銀のETF(上場投資信託)買入額が累計30兆円を超えた
2. これまで買入額の増額を繰り返してきたが、効果の持続性は乏しい
3. 国民負担になり得る政策の目的達成状況を、日銀自身が国民に示すことを期待する
一時は巨額の国民負担が懸念された
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpeg

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【真価が問われる日銀のETF買入政策】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

真価が問われる日銀のETF買入政策のレポート Topへ