2020年01月27日

教育無償化で子育て世帯の消費は増えるのか?

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

子ども・子育て支援 個人消費 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 消費税率10%への引き上げとともに幼児教育無償化が全面的に開始された。利用料の負担軽減効果がより大きな層として共働き子育て世帯に注目すると、2019年10月の増税直後は自動車関係費が前年同月と比べて大幅に増えている。負担軽減効果というよりも、税制改正によって、増税後に購入した方が安価になることもある影響だろう。
     
  • 食費も外食や調理食品を中心に5%程度増えている。無償化による負担軽減効果もあるのかもしれないが、近年、共働き子育て世帯では家事の時短化需要を背景にこれらの、支出額が増えており、その流れの一環とも言えるだろう。
     
  • 一方で無償化の影響を受ける教育費や住居、被覆及び履物、家具・家事用品などは1~2割程度減少している。反動減の影響もあり、今後も丁寧に見ていく必要はあるが、教育無償化が他の消費を誘発するような状況にはなりにくいと考える。
     
  • 調査によれば、幼児教育無償化で支払う必要のなくなった利用料の使途の上位は「子供のための貯金・資産運用」や「子どもの習い事」であり、無償化で浮いた費用は、あくまで「子どものためのもの」にとどまっている。また、今の子育て世帯は可処分所得が伸びない中で、将来の経済不安もあり、消費が増える状況にはなりにくい。
     
  • また、そもそも幼児教育無償化の実施に向けては、待機児童となってしまい保育所等を利用できない世帯もある中での不公平感が指摘できる。さらに、保育士不足によって必ずしも保育の質が良いとは言えない施設も無償化の対象となっている。限られた財源を鑑みれば、無償化より待機児童対策が優先されるべきだったのではないか。
     
  • 4月から高等教育無償化が開始されるが、これは低所得世帯が中心となるため、幼児教育無償化以上に消費の誘発剤にはなりにくい。しかし、高等教育の機会均等によって、将来の消費、ひいては経済成長への期待につながる。


■目次

1――はじめに
 ~消費増税とともに幼児教育無償化で子育て世帯の負担軽減、消費は増えたのか?
2――増税後の子育て世帯の家計消費の状況妙
 ~自動車関係費や外食が増えたが無償化の影響は微妙
3――幼児教育無償化で必要なくなった利用料の使途は?
 ~あくまでも「子どものためのもの」
4――待機児童の解消が優先
 ~待機児童世帯と無償化の恩恵を受ける保育所利用世帯の不公平感
5――おわりに~高等教育無償化の影響と将来への期待
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
83_ext_01_0.jpeg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【教育無償化で子育て世帯の消費は増えるのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

教育無償化で子育て世帯の消費は増えるのか?のレポート Topへ