2019年08月13日

認知症大綱で何が変わるのか-予防重視の弊害、共生社会の実現に向けた課題を考え

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 認知症介護 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

政府は今年6月、「認知症施策推進大綱」(以下、認知症大綱)を取りまとめた。これは認知症関係施策を強化するのが目的であり、認知症になっても住みやすい社会を形成する「共生」と、発症や進行を遅らせる「予防」を車の両輪に位置付けつつ、1) 普及啓発・本人発信支援、2) 予防、3) 医療・ケア・介護サービス・介護者への支援、4) 認知症バリアフリーの推進・若年性認知症の人への支援・社会参加支援、5) 研究開発・産業促進・国際展開――の5つを柱に掲げた。さらに、高齢者が地域で気軽に体操や趣味を楽しむ「通い」の場の拡充など具体的な施策を数多く盛り込んでおり、それに関する数値目標(KPI、Key Performance Indicator)を定めた。

本レポートでは、認知症大綱の内容を5つの柱ごとに考察し、通称「オレンジプラン」と呼ばれた過去の「認知症施策推進総合戦略」との対比を試みることで、(1)予防を重視した施策の内容、(2)首相官邸主導による策定プロセス――といった特色を明らかにする。さらに、予防重視の方針が認知症に対する偏見を助長する危険性について批判的に考察する。

その一方、一定規模以上の公共交通事業者に対し、認知症の人に対する接遇・研修計画の作成を義務付けた点を前向きに評価する。その上で、「共生」社会の実現に向けて、障害者のニーズに沿って対応する「合理的配慮」の考え方が認知症分野でも適用できる可能性を指摘する。

■目次

1――はじめに~認知症大綱で何が変わるのか~
2――「認知症大綱」の基本的な考え方~「共生」「予防」を車の両輪として5本の柱~
3――5本の柱に整理された「認知症大綱」の内容
  1|普及啓発・本人発信支援~1つ目の柱~
  2|予防~2つ目の柱~
  3|医療・ケア・介護サービス・介護者への支援~3つ目の柱~
  4|認知症バリアフリーの推進・若年性認知症の人への支援・社会参加支援
    ~4つ目の柱~
  5|研究開発・産業促進・国際展開~5つ目の柱~
4――認知症大綱の特色~(1)予防を重視した施策の内容~
  1|整合性が取れなかった予防重視の方針
  2|当事者団体と与党の反発による修正
5――認知症大綱の特色(2)~首相官邸主導による策定プロセス~
  1|メットライフは金融システムの脅威にならない
  2|通常とは異なる流れになった基本法との関係
6――「認知症大綱」の懸念材料
  1|当事者中心主義の減退
  2|予防が偏見を生み出す危険性
7――認知症大綱で社会が変わる可能性の考察~バリアフリー法との対比~
8――認知症大綱後の課題~障害者差別解消法との比較~
9――おわりに
参考:認知症大綱に盛り込まれた施策とKPI
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【認知症大綱で何が変わるのか-予防重視の弊害、共生社会の実現に向けた課題を考え】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

認知症大綱で何が変わるのか-予防重視の弊害、共生社会の実現に向けた課題を考えのレポート Topへ