2019年04月10日

最近の人民元と今後の展開(2019年春季号)~近づく米中首脳会談、人民元に関する合意に注目!

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

中国 中国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 19年3月末の人民元レート(対米ドル、基準値、中国外貨取引センター)は1米ドル=6.7335 元で取引を終えた。19年初来の米ドルに対する変化率を見ると、ユーロや日本円など主要通貨が軟調に推移する中で、人民元は逆に2.2%上昇した。そして、人民元のユーロや日本円に対するレートは3%前後上昇することとなった。

  • 19年末に向けての人民元レートは、米中長期金利差の縮小が止まる可能性が高いと見て、横ばい圏での推移を予想している(想定レンジは1米ドル=6.5~6.9元)。但し、米中貿易協議が一旦合意したとしても、米中間に横たわる根本的な経済構造問題は残るため、貿易不均衡是正は一時的なものに留まり、いずれは購買力平価(PPP)基準で見た人民元の割安感に焦点が当たって、人民元高に振れる可能性がある点には注意が必要である。近々開催が見込まれる米中首脳会談では、米中貿易協議の中盤(19年2月下旬)に報道されていた「人民元安誘導の制限」とは何を指すのかに注目している。

■目次

1――最近の人民元
2――今後の展開
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2019年春季号)~近づく米中首脳会談、人民元に関する合意に注目!】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2019年春季号)~近づく米中首脳会談、人民元に関する合意に注目!のレポート Topへ