2019年03月15日

中国生保市場、成長に急ブレーキ-高まる、インシュアテックによる成長への期待

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国・アジア保険事情 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 2018年の中国生保市場は2017年までの高成長から一転、成長に急ブレーキがかかった。生保収入保険料は前年比1.9%増の2兆7,247億元(約43兆円)で、前年と比べて増加率がここまで落ち込んだのは2012年以来である。
     
  • 近年、中国の保険市場は二桁成長を続け、世界の市場も牽引してきたと言えよう。2017年には生保、損保とも市場規模で米国に次いで世界第2位に躍り出ている。
     
  • それにもかかわらず2018年に成長が急落した背景には、2016年後半以降進められている市場の健全化に向けた一連の施策の効果が表れてきていると考えられる。
     
  • また、この数年間、生保市場は大きく変化し、加えて社会におけるIT化の急速な進展により、保険会社の販売する保険商品のあり方や成長戦略にも大きな影響を与えている。
     
  • 2018年は、そういったインシュアテックへの取組みやそれによる効果がより鮮明となった1年でもあった。

■目次

1-2018年は生保収入保険料の伸びが急落
2―映画「我不是薬神(俺は薬の神様じゃない)」のヒットと医療保険
3―2018年はインシュアテックへの取組みの効果が鮮明に
4―おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国生保市場、成長に急ブレーキ-高まる、インシュアテックによる成長への期待】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国生保市場、成長に急ブレーキ-高まる、インシュアテックによる成長への期待のレポート Topへ