2019年01月11日

ユーロ相場の低迷は続くのか?

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  1. ユーロ円は年初に一時119円台まで円高が進み、足元でも124円台までの戻りに留まっている。また、より長い目でみても、昨年春以降、ユーロは対ドル・対円ともに大きく下落しており、低迷から抜け出せない状況が続いている。ユーロ安が続いてきた背景には、ECBの利上げ(マイナス金利縮小)観測が後退したことがある。昨年6月にECBが「少なくとも2019年夏までは金利を据え置く」との方針を示したことで、より早期の利上げ観測は沈静化した。その後もユーロ圏の景気減速感が強まるにつれて、利上げ観測はどんどん後退していった。また、欧州の政治リスクもユーロ安に拍車をかけた。イタリアの財政に対する懸念が高まったほか、英国のEU離脱もユーロ安材料となった。
     
  2. 従って、今後のユーロ相場の行方を占ううえでポイントになるのも、ユーロ圏の景気と政治リスクの動向ということになる。当面については、ユーロの上値は重く、下振れリスクも高い状況が続きそうだ。今後は英国のEU離脱問題が山場を迎えるが、しばらく混乱が予想されるためだ。一方、春以降はユーロの持ち直しを予想している。この頃にはEU離脱問題の先行き不透明感も緩和するほか、ユーロ圏の景気も所得の改善などを通じて持ち直していく可能性が高いためだ。物価上昇率(コア)も上昇ペースを維持・拡大するだろう。ECBの利上げ(マイナス金利縮小)着手は秋から年末になるとみられるが、市場では先んじて利上げ観測が回復し、対ドル・対円でユーロ高が進むとみている。
     
  3. ただし、このメインシナリオが実現するには、海外経済の失速が避けられることが条件となる。現状ではまだリスクシナリオだが、貿易摩擦激化により米中経済が大きく減速するようなことになれば、ECBの利上げも遠のく。その際には、ユーロドルは利上げ観測消滅に伴うユーロ安圧力と利下げ観測台頭に伴うドル安圧力の綱引きとなるが、ユーロ円では緩和余地の乏しい円が買われ、円高ユーロ安が進行することになるだろう。
ユーロの対ドル・対円相場
■目次

1.トピック:ユーロ相場の低迷は続くのか?
  ・利上げ観測後退+政治リスク
  ・ユーロは春以降上昇基調へ
2.日銀金融政策(12月):海外リスクを警戒、金利低下は「問題ない」
  ・(日銀)現状維持
3.金融市場(12月)の振り返りと当面の予想
  ・10年国債利回り
  ・ドル円レート
  ・ユーロドルレート
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ユーロ相場の低迷は続くのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ユーロ相場の低迷は続くのか?のレポート Topへ