2019年01月07日

データで見る「夫婦の働き方」と子どもの数-超少子化社会データ考-変わる時代の家族の姿

生活研究部 人口動態シニアリサーチャー   天野 馨南子

少子高齢化 ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

はじめに-64%が共働き世帯

日本における「夫婦の働き方」が1980年代以降、統計的にみて大きく変化している。
 
人口ピラミッドが逆三角形を示す急激な高齢化が進む日本において、人口マジョリティである中高齢者層。その人口多数派の人々の「当時の自己体験に基づいた価値観」ではイマジネーションすることが困難な、大きく変化を遂げた「現在の夫婦と子どもの姿」をデータで示したい。
 
1980年代以降、日本の「夫婦の働き方」は大きく変化を遂げた(図表1)。
1980年前半から半ばまでは非農林業の世帯1においては、ほとんどが専業主婦世帯であった。筆者は70年代生まれであるが、筆者が小学校当時のサラリーマン世帯における母親は専業主婦が当たり前であった。
 
しかし、90年代に入ると専業主婦世帯と共働き世帯が拮抗するようになる。つまり、半分の子どもたちが働く母親を日常として目にする社会へと変貌を遂げる。
2000年以降、共働き世帯が急増をみせ、2017年の直近では専業主婦世帯は36%にまで減少し、共働き世帯が社会のマジョリティ世帯の姿となっている。
 
このような1990年以降の急激な「夫婦の働き方」の変化を前提とし、本稿では「前世代の少子化に関する感覚が次世代についてあてはまるか」統計的に検証してみることとしたい。
【図表1】日本の非農林業世帯における夫婦の働き方推移(世帯)
 
1 農林業は基本的に家族経営で共働きであることを前提として、非農林業世帯を対象として集計されていると考えられる。
 

1――夫婦の働き方と「子どものいない」世帯割合

1――夫婦の働き方と「子どものいない」世帯割合

日本において、合計特殊出生率が1.5を切る超低出生率が1993年以降、20年以上続いている。
国の人口推計では、2045年の人口は30年前の2015年の83%に減少するとされている。しかし、2045年ではまだ団塊ジュニアと呼ばれる現在40代後半のマジョリティゾーン世代が生存しているため、この程度の減少にとどまっている。現在の低出生率が変わらない限り、そのあとの人口減少は「30年で83%へ」ではすまず、より激しいものになることが予想される。
 
では、夫婦の働き方と子どもの数は一体どのような関係があるのであろうか。2015年の国勢調査の結果を分析してみたい(図表2)。
【図表2】専業主婦世帯と共働き世帯の子どもがいる/子どもがいない割合(%)
2015年の国勢調査においては、子どもがいない世帯(以下、子なし世帯)の割合において、専業主婦世帯34%、共働き世帯32%で、わずかであるものの専業主婦世帯の方が、子なし世帯割合が高くなった。
1980年代に20代30代で結婚した夫婦は現在49歳から77歳であるが、この専業主婦世帯がマジョリティであった世代が考える「専業主婦世帯の方が、共働き夫婦より子どもがいる割合が多いのではないか」というのは、統計的には誤りである。
統計的には「専業主婦世帯の方が、子なし世帯割合がやや多い」が正解である。
 

2――夫婦の働き方と「子あり世帯の子どもの数」

2――夫婦の働き方と「子あり世帯の子どもの数」

次に、子どもがいる夫婦について、夫婦の働き方と子どもの数に関係があるかをみてみたい(図表3)。
専業主婦世帯ではいわゆる一人っ子世帯が最も多く、49%、2世帯に1世帯が一人っ子世帯となっている。2子以上いる世帯は51%である。
一方、共働き世帯は2子世帯が44%と最も多い。2子以上いる世帯の割合では58%となり、子あり世帯だけでみても、専業主婦世帯よりも子どもが多いことが示されている。
 
つまり、子なし世帯割合で見ても、子あり世帯の子どもの数で見ても、共働き世帯の子どもの数が専業主婦世帯を上回っていることになる。
 
人口マジョリティである団塊ジュニア(40代後半)以上の年齢で想像されることが多い「専業主婦家庭が減ると子どもが減る」「女性が働かない方が子どもが生まれるのでは?」は統計上、事実誤認であることが指摘できる。
【図表3】 夫婦の働き方×子どもの数割合(%)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   人口動態シニアリサーチャー

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
人口動態に関する諸問題-(特に)少子化対策・東京一極集中・女性活躍推進

アクセスランキング

レポート紹介

【データで見る「夫婦の働き方」と子どもの数-超少子化社会データ考-変わる時代の家族の姿】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

データで見る「夫婦の働き方」と子どもの数-超少子化社会データ考-変わる時代の家族の姿のレポート Topへ