2018年03月01日

雪害-災害・防災、ときどき保険(6)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

雪害について述べる。保険との関わりでは、雪害にも、けがのように生命保険でカバーできる被害と、建物損壊のように損害保険でカバーできる被害とがある。雪害をニュースで見聞きできる機会に、関連する保障を見直しておくのもよい。最近の雪害としては、2014年2月の関東の大雪による災害が規模が大きく、その時の教訓も活かしながら、国が防災体制を見直したりしている。

■目次

1――雪による災害について
  1|雪による災害の種類
  2|雪害による保険金支払
2――国による防災などの体制
3――天気予報により混乱は防げたか、など
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【雪害-災害・防災、ときどき保険(6)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雪害-災害・防災、ときどき保険(6)のレポート Topへ