2017年10月03日

天気予報の法律-災害・防災、ときどき保険(3)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

特に台風、大雨などに関する災害への備えの第一歩としてあるのが天気予報である。天気予報が法律として定められている「気象業務法」を見て、わが国ではどういう予報がされているかをみていく。

■目次

1――天気予報一般
  1|気象業務法の内容
  2|気象庁以外が予報を行う場合の定め
2――気象庁のみが「警報」をだすことができる
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【天気予報の法律-災害・防災、ときどき保険(3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

天気予報の法律-災害・防災、ときどき保険(3)のレポート Topへ