2010年10月25日

アジア諸国を多面的に注目する日本企業

  青山 正治

このレポートの関連カテゴリ

企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

欧米諸国に比べ相対的に高い経済成長を維持しているアジア諸国に、ビジネスで注目する企業は全体の6割に達し、今後の注目する国・地域としては中国に加えインドとベトナムが挙げられた。
このほか観光客等の来訪増がプラスとする企業は3割強、将来のアジアからの労働者受入れに4割弱の企業が期待する。このように多面的に日本企業はアジアに期待感を強めているが、同時に複数の課題を視野に入れた戦略的な対応が必要な時代に直面している。

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

青山 正治

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【アジア諸国を多面的に注目する日本企業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア諸国を多面的に注目する日本企業のレポート Topへ