2009年03月06日

3月BOE金融政策委員会:0.5%に利下げ、量的緩和も開始

経済研究部 常務理事 伊藤 さゆり

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■見出し

・政策金利は0.5%、量的緩和も始動
・議事録は18日に公開

■introduction

イングランド銀行は4~5日に金融政策委員会(MPC)を開催、50bpの利下げと同時にBOEの資金で国債等の買い取りを行う量的緩和を決めた。
今回の声明文では「低すぎる政策金利は市場の機能や銀行の貸出余力に対して逆効果を及ぼす」としており、BOEの利下げは0.5%で打ち止めとなる可能性が濃厚。今後は量的緩和のスピードや規模の調整が金融政策の主要な手段となろう。

Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   常務理事

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州の政策、国際経済・金融

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【3月BOE金融政策委員会:0.5%に利下げ、量的緩和も開始】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

3月BOE金融政策委員会:0.5%に利下げ、量的緩和も開始のレポート Topへ