2015年08月07日

人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーション

基礎研REPORT(冊子版) 2015年8月号

生活研究部 主任研究員   前田 展弘

文字サイズ

日本の人口は2008年(1億2808万人)をピークに減少局面に入った。市場を支える産業界(企業)の立場からこの局面を展望すると、「人口減少=市場及び経済の縮小」とネガティブに捉えられやすい。実際、日本の未来を悲観視する産業界の人は少なくない。しかしながら、世界の高齢者市場を展望すれば、見方は一変するであろう。世界の高齢者人口は爆発的に増加していく。

 

1――世界は高齢化と人口爆発、高齢者市場はとてつもない規模の市場へ拡大

経済成長において必要な要素は“イノベーション”と“市場の拡がり”だ。「市場=人口」と捉えたときに、国内市場は全体として縮小していくが、その中でも、高齢者市場は拡大し続けていく。少なくとも2040年まで増加していく見通しである。さらに世界に目を転じれば、世界の人口は爆発的に増加を続け、その中で高齢者人口も増え続けていく。世界各国も日本と同様に高齢化が進んでいくためだ。その規模は日本とは比較にならない大きさである。
   2015年の日本の高齢者人口は約3400万人であるが、世界の高齢者人口は「6億人」、うちアジアだけで3.2億人である。さらに、例えば2030年では、日本の高齢者人口は約3700万人であるものの、世界の高齢者人口は「9.7億人」、2050年には「14億人」に達する見通しである 。経済成長をはかっていく上で、何でもグローバルに展開すればよいということを主張するつもりはないが、世界にはとてつもなく大きな高齢者市場が待ち構えていることは確かである。日本は「高齢化最先進国」であり、国内の高齢者市場において成功できたイノベーションの事例(モノ・サービス等)は、そのまま世界で通用する可能性が高い。これから重要なことは、如何にイノベーションを生み出せるか、とりわけ高齢者市場においてどのようなイノベーションを創出できるかだ。

 

2――高齢者市場開拓に向けたイノベーションの視点

その視点は様々考えられるが、重要で期待されるイノベーションは、「豊かな長寿を支援し創造する商品サービス」の開発と考えている。言い換えれば、高齢期の「安心」と「生きがい」を提供するサービス等だ。既存の事例で挙げれば、介護ロボット、超小型電気自動車(高齢者の移動サポート)、サービス付高齢者向け住宅、ユニバーサル食品、生活支援・見守りサービス等は「安心」に貢献するものであろうし、旅行や高齢者向けスポーツ、高齢者の参加と交流を促すサービス等は「生きがい」に貢献することであろう。いくつかの事例は確認できるが、高齢者の不安とニーズに応える商品サービスの開発視点はまだまだ数多くある。高齢期の将来不安を「希望」に変えるような商品サービスが待たれている。筆者も微力ながら、そのようなイノベーションの具体策づくりに貢献していきたい。



 

 
 

 
  1 日本は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計」(平成24年1月推計)、出生・死亡中位推計、世界はUnited nations:World Population Prospects: The 2012 Revisionより

このレポートの関連カテゴリ

41_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

前田 展弘 (まえだ のぶひろ)

研究・専門分野
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)、ライフデザイン

(2015年08月07日「基礎研REPORT(冊子版)」)

レポート

アクセスランキング

【人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーション】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口減少未来における成長視点-世界の高齢者市場を射程に入れたイノベーションのレポート Topへ