2013年10月08日

米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

文字サイズ

収入保険料や保険金額を指標とすると、米国の生保市場におけるダイレクト販売の存在感は小さいが、販売件数を指標とすると、ダイレクト販売は2割程度のシェアを有する注目すべき販売チャネルとなる。

販売商品の中心は小口の終身保険。中流層以下の消費者や高齢層の消費者をターゲットとする生命保険販売チャネルとしては、ダイレクト販売は注目すべきチャネルである。

51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心-のレポート Topへ