2011年06月24日

アクティニアの新たな住宅選好とその影響

  池邊 このみ
社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

高齢者のQOL(生活の質) ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

アクティニアとは、アクティブなシニアを意味する造語であり、「健康的で生活にある程度ゆとりがあり、知的好奇心を持って自立した生活を送っている行動的な高齢者」を示す。
アクティニアは、持ち家から賃貸へと自らの価値観で積極的に住まい方を変えてきており、その動向は高齢社会の新たなコミュニティ運営に寄与する潜在力を秘めている。今後、高齢社会のトレンドメーカーになると期待される。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

池邊 このみ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

(2011年06月24日「基礎研REPORT(冊子版)」)

レポート

アクセスランキング

【アクティニアの新たな住宅選好とその影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アクティニアの新たな住宅選好とその影響のレポート Topへ