2010年07月26日

建物のケア力

  山梨 恵子

文字サイズ

老人ホームの建物環境は、介護する場から生活する場へと大きく進化してきている。介護施設に入所したとたんに、身体状態が悪化したり認知症が進んだりするといった話はしばしば聞かれるが、これは、自宅と介護施設との生活環境の違いを入所者自身が受け入れられない「落差」の弊害と考えられる。
介護施設では、こうした生活の落差を埋めていくための建物環境の改革に着目しはじめており、個の空間づくりや地域と施設を隔てていた壁を取り除くための様々な取り組みが始まっている。

山梨 恵子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【建物のケア力】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

建物のケア力のレポート Topへ