2001年03月25日

今回の景気回復における景気の山(ピーク)はいつか

  日向 雄士

文字サイズ

景気回復の実感は欠けていたが、生産活動や企業業績の状況からは確かに、日本経済は99年4月を底とした景気回復を続けてきた。
しかし、最近、株価の下落など景気動向に懸念が高まっている。景気を巡る議論も、「既に後退局面にある」とする見方から「引き続き景気は回復中」とする見方まで様々である。
現在有力となっている景気の見方について整理しつつ、景気局面の考え方についてまとめた。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【今回の景気回復における景気の山(ピーク)はいつか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今回の景気回復における景気の山(ピーク)はいつかのレポート Topへ