2000年11月17日

米国経済:貯蓄率マイナスの背景とリスク

  山田 剛史

文字サイズ

<今週の焦点>

  1. 米国経済にはソフトランディングの兆しがみられるが、個人消費は依然所得を上回る伸びを示し、家計貯蓄率はマイナスを記録している。貯蓄率の低下は、借入れ制約の緩和による消費者信用の増加と、株高による資産効果が主な要因である。
  2. 貯蓄率マイナスの状況では投資資金をすべて海外に依存し、経常赤字拡大を招いている。このため為替やユーロ経済などの対外要因が、内需減速のリスクに直結している。貯蓄率の短期的な改善は難しく、財務省・FRB は今後もドル高スタンスを維持しよう。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済:貯蓄率マイナスの背景とリスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済:貯蓄率マイナスの背景とリスクのレポート Topへ