1997年08月25日

改正日銀法の意義と今後の課題-中央銀行の独立性論議を中心に

  高橋 智彦

文字サイズ

■目次

1. 今回の日銀法改正の経緯
2. 欧州の中央銀行改革の動き
3. 中央銀行独立性強化の背景
4. 日銀法改正の意義
5. 残された課題と今後の展望

■introduction

6月11日に参議院本会議で日本銀行法案が成立し、来年4月施行が決定した。現行日銀法は第二次大戦下の1942年(以下、西暦)に制定された国家統制色の強いものであるが、独立性、透明性の強化を軸にほぼ半世紀振りに全面改正となる。以下、改正の経緯とポイント、背景をみた上で、改正法の意義、残された課題について述べたい。改正法の中では独立性の強化が重要である。この点「中央銀行独立性指数」を用いた試算結果とその評価も呈示したい。

このレポートの関連カテゴリ

高橋 智彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【改正日銀法の意義と今後の課題-中央銀行の独立性論議を中心に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

改正日銀法の意義と今後の課題-中央銀行の独立性論議を中心にのレポート Topへ