1996年06月01日

年金基金にはリスク許容度分析が不可欠

運用リスク管理 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

年金基金にとり本質的なリスクは、約束した年金が支払われないことや、母体企業が年金支払いのために予期せぬ負担を強いられることであろう。この基金固有の事情を勘案した最適な意思決定に、ALM手法によるリスク許容度分析は有効である。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

レポート

アクセスランキング

【年金基金にはリスク許容度分析が不可欠】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金にはリスク許容度分析が不可欠のレポート Topへ