2024年04月03日

欧州大手保険グループの2023年末SCR比率等の状況-ソルベンシーII等に基づく数値結果報告と資本管理等に関係するトピック-

中村 亮一

文字サイズ

■要旨

欧州大手保険グループの2023年決算の発表が2月から3月にかけて行われており、それに伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。このレポートでは、各社の2023年末のSCR比率等のソルベンシー比率の状況について、それらの水準や感応度及びそれらの推移、さらには関係するその他の事項、加えて、2023年における各社の資本管理等に関するトピックについても報告する。

なお、2023年1月1日から、新たな会計基準であるIFRS第17号(保険契約)の適用が開始されたことに伴い、各社において、各種の資料や数値の見直し等が行われている。これにより、これまでのレポートで報告してきた内容が今回のレポートでは必ずしもカバーされていない点があることは述べておく。

■目次

1―はじめに
2―欧州大手保険グループのソルベンシー比率の推移
3―各社のソルベンシー比率や感応度の推移及び資本管理等に関係するトピック
  1|AXA
  2|Allianz
  3|Generali
  4|Aviva
  5|Aegon
  6|Zurich
4―ソルベンシー比率の算出等に関係するその他の事項
  1|ソルベンシー比率の目標範囲
  2|SCR等の算出方法(内部モデルの適用状況)
  3|SCR等の算出方法(長期保証措置の適用状況)
  4|自己資本の内訳
  5|SCRのリスク別及び地域別内訳
5―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

中村 亮一

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【欧州大手保険グループの2023年末SCR比率等の状況-ソルベンシーII等に基づく数値結果報告と資本管理等に関係するトピック-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州大手保険グループの2023年末SCR比率等の状況-ソルベンシーII等に基づく数値結果報告と資本管理等に関係するトピック-のレポート Topへ