2023年10月27日

生物多様性を検討する諸団体-そのうちいくつかを紹介

保険研究部 主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任 安井 義浩

文字サイズ

■要旨

生物多様性の保全というテーマの中で、現在数多くの組織が作られ活動している。それぞれ立場や検討内容に相違があるようだが、初学者にはわかりにくい。内容をみていく前に、どんな検討組織があって、おおよそ何をしているのか概要をみておきたい。なお、ここにあげたものがすべてではない。

■目次

1――誰が何のために提言しているのか
2――主な検討組織
  1|TNFD(財務情報開示タスクフォース)
  2|SBTN(科学に基づく目標設定ネットワーク)
  3|PBAF(金融向け生物多様性パートナーシップ)
  4|NGFS(気候変動等に係る金融当局ネットワーク)
  5|INSPIRE(持続可能な金融政策の洞察、研究、意見交換のための国際ネットワーク)
  6|ENCORE(自然関連の機会・リスク・エクスポージャーの探求)
3――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員 年金総合リサーチセンター・気候変動リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【生物多様性を検討する諸団体-そのうちいくつかを紹介】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生物多様性を検討する諸団体-そのうちいくつかを紹介のレポート Topへ