2023年10月20日

米国における連邦による保険資本規制-FRBが保険業務に大きく関与する預貯金取扱機関持株会社に対する資本規則を最終決定-

保険研究部 研究理事 気候変動リサーチセンター兼任 中村 亮一

文字サイズ

■要旨

米国における保険会社の監督・規制は、基本的には州をベースに行われている。ただし、2008年の金融危機を契機として、2010年にドッド・フランク法が成立し、連邦による規制が導入されることになった。

この結果、現在、(1)NBFC(ノンバンク金融機関)でありながら、SIFI(Systemically Important Financial Institutions:金融システムの安定に重大な影響を与えるような会社)に指定された保険会社(Systemically Important Insurance Companies)、(2)保険業務に大きく関与している預貯金取扱機関持株会社(Depository Institutional Holding Company significantly engaged in insurance activities)(以下で、「保険預貯金取扱機関持株会社(Insurance Depository Institution Holding Companies)」とも言っている)の2つに該当する会社については、FRB(連邦準備制度理事会)による検査、規制、監督を受けることになっている。

FRBは、2023年10月6日に、保険業務に大きく関与している預貯金取扱機関持株会社に対する資本規則を最終決定したと発表しているので、この概要を報告する。また、併せて、FRBは、2022年9月に、保険業務に大きく関与している預貯金取扱機関持株会社に対する、FRBによる監督枠組みに関するガイダンスを公表しているので、これについても報告する。

■目次

1―はじめに
2―これまでの経緯等
3―連邦による保険会社の資本規制の概要
4―FRBによる2022年9月の監督枠組みに関するガイダンスの公表
5―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   研究理事 気候変動リサーチセンター兼任

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【米国における連邦による保険資本規制-FRBが保険業務に大きく関与する預貯金取扱機関持株会社に対する資本規則を最終決定-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国における連邦による保険資本規制-FRBが保険業務に大きく関与する預貯金取扱機関持株会社に対する資本規則を最終決定-のレポート Topへ