2021年05月19日

原油価格の注目点と見通し~国内のガソリン高は収まるか?

経済研究部 上席エコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替(通貨・相場) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

これまで原油価格を支えてきたOPECプラスによる減産について、4月に縮小が決定されるという明確な悪材料があったにもかかわらず、原油価格が堅調に推移し、高値を維持している。この要因を分析したうえで、先行きの注目点を点検し、原油価格の見通しを考える。

さらに、原油価格変動の影響が一般家計にとって最も直接的かつ顕著に現れる国内のガソリン価格について、その価格構造を分析したうえで、昨今のガソリン高が収束する可能性について考察する。

■目次

1――原油価格の注目点と見通し
  1|OPECプラス減産縮小でも原油価格は高止まり
  2|原油価格高止まりの要因
  3|今後の注目点と見通し
2――国内のガソリン高は収まるか
  1|ガソリン価格の構造と上昇の理由
  2|ガソリン価格が低下に向かう可能性は?
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

アクセスランキング

レポート紹介

【原油価格の注目点と見通し~国内のガソリン高は収まるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

原油価格の注目点と見通し~国内のガソリン高は収まるか?のレポート Topへ