2021年05月12日

欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2020年決算数値等に基づく現状分析-

保険研究部 取締役 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

欧州大手保険グループの2020年決算数値が、2021年2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Report等の形で公表されている。今回のレポートでは、2020年決算に関わる各社の決算数値等に基づいて、欧州大手保険グループの生命保険事業を中心とした地域別の事業展開の状況について報告する。

欧州大手保険グループを巡る経営環境は、世界的な金融緩和の長期化に伴う低金利環境の継続に加えて、2016年1月にスタートしたソルベンシーIIをはじめとした各種の規制強化・整備への対応、(現時点においては)2023年1月以後に開始する事業年度から適用が想定されている新たな保険契約会計基準への対応等、数多くの課題を抱えている状況にある。さらには、気候変動、パンデミック、DX(デジタルトランスフォーメーション)といった新たな課題への対応も従前以上に求められてきている状況にある。各社ともこうした環境下で、それぞれの戦略に基づいた海外事業展開の拡大・再編等を進め、収益基盤の再構築を図ってきている。

昨年の基礎研レポートでは、欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況について、2019年決算数値等に基づく現状分析を報告した。

これまでの基礎研レポートでも述べてきたが、以下の報告においては、例えば、分析用に開示されている保険料や営業利益 のベースや地域別の区分の考え方が、各社によって異なっており、各社の公表データのベースも必ずしも統一されていない。さらに、昨年のレポートでも述べたように、セグメント情報の提供において、必ずしも生命保険事業と損害保険事業を区分していない会社もあり、また各種の規制の動向等も踏まえて、これまでとは異なる経営指標や評価基準に基づく開示内容に変更してきている会社もある。加えて、2019年決算報告時とは異なるベースで2020年の決算報告を行っている会社もある。

以上のような理由から、今回の分析については、各種制約下で、各社間比較等も必ずしも十分なものとはなっていないが、筆者の判断で各種前提を置いて、一定比較可能と思われる数値を作成して分析を行っている 。また、各社は、それぞれの考え方に基づいて、地域別の事業状況等の数値を開示しているが、このレポートで筆者が独自に採用したベースとは必ずしも一致していないケースもあることを述べておく。

なお、2020年決算においては、新型コロナウイルスCOVID-19による影響も重要なトピックであるが、これについては、先の保険年金フォーカス「新型コロナウイルスの感染拡大が保険会社に与える影響(2)-欧州大手保険Gの2020年決算発表による-」(2021.4.30)等で報告しているので、こちらを参照していただくことにして、このレポートでは詳しくは触れていない。

■目次

1―はじめに
2―欧州大手保険グループの各社間比較-全体の業績と地域別業績について-
  1|会社全体の業績
  2|保険事業の地域別業績
3―欧州大手保険グループ各社の地域別の事業展開状況
  1|AXA
  2|Allianz
  3|Generali
  4|Aviva
  5|Aegon
  6|Zurich
  (参考)Prudential
4―まとめ
  1|市場の選別化の動き
  2|地域毎の展開スタンスや展開状況の違い
  3|グローバル展開に伴うリスクの分散化や業績の安定性への寄与
  4|日本の生命保険会社への示唆
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   取締役 研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2020年決算数値等に基づく現状分析-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州大手保険グループの地域別の事業展開状況-2020年決算数値等に基づく現状分析-のレポート Topへ