2020年08月18日

EIOPAがCOVID-19に起因するリスク等に関する調査結果を公表-2020年7月の金融安定性レポートより-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2020年7月17日に、「金融安定性レポート(FINANCIAL STABILITY REPORT)」を公表した。

EIOPAは年に2回(6月と12月)、金融安定性レポートを公表してきているが、今回の金融安定性レポートはCOVID-19のアウトブレイク後初めてのものとなることから、COVID-19のアウトブレイクが金融安定性や保険業界に与える影響について、現時点で得られるデータ等に基づいて、幅広い分析を行っている。

今回のレポートでは、この金融安定性レポートの概要を報告する。

■目次

1―はじめに
2―今回の報告書の概要
  1|全体的な状況
  2|COVID-19の影響
  3|監督当局の課題意識
  4|監督当局の対応
3―定性的なリスク評価
  1|評価の概要
  2|投資ポートフォリオの収益性
  3|ソルベンシーポジション
  4|銀行へのエクスポージャー、国内ソブリンリスク
  5|引受収益性
  6|サイバーリスク
  7|その他のリスク
  8|監督当局の措置
  9|結論
4―テーマ論文
  1|保険・再保険部門の視点から見たEUの持続可能な金融分類
  2|EIOPAの声明が保険会社の配当に与える影響:株式市場からの証拠に基づく評価の概要
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【EIOPAがCOVID-19に起因するリスク等に関する調査結果を公表-2020年7月の金融安定性レポートより-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAがCOVID-19に起因するリスク等に関する調査結果を公表-2020年7月の金融安定性レポートより-のレポート Topへ