2020年08月03日

ユーロ圏消費者物価(7月)-値引きシーズン後倒しで+0.4%まで上昇

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

このレポートの関連カテゴリ

欧州 欧州経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1.結果の概要:前年同月比で+0.4%に加速

7月31日、欧州委員会統計局(Eurostat)はユーロ圏のHICP(Harmonized Indices of Consumer Prices:EU基準の消費者物価指数)速報値を公表し、結果は以下の通りとなった。
 

【総合指数】
前年同月比は+0.4%、市場予想1(+0.2%)より上振れ、前月(+0.3%)から減速(図表1)
前月比は▲0.3%、予想(▲0.5%)より上振れ、前月(同+0.3%)から減速

【総合指数からエネルギーと飲食料を除いた指数2
前年同月比は+1.2%、予想(+0.8%)より上振れ、前月(同+0.8%)から加速(図表2)
前月比は▲0.2%、前月(+0.3%)から減速

(図表1)ユーロ圏のHICP上昇率/(図表2)ユーロ圏のHICP上昇率
 
1 bloomberg集計の中央値。以下の予想値も同様。
2 日本の消費者物価指数のコアコアCPI、米国の消費者物価指数のコアCPIに相当するもの。ただし、ユーロ圏の指数はアルコール飲料もの除いており、日本のコアコアCPIや米国のコアCPIとは若干定義が異なる。

2.結果の詳細:値引きシーズンの後倒しとVAT引き下げという特殊要因あり

まず、7月のHICPの品目別成長率を「コア部分(=エネルギーと飲食料を除く総合)」「エネルギー」「食料品(アルコール含む)」の3分類に分けて見る。

コア部分の「エネルギーと飲食料を除く総合」は前年同月比で加速しており(6月+0.8%→7月+1.2%)、内訳としては「エネルギーを除く財」が急上昇3(6月+0.2%→7月+1.2%)したことが主因だった(図表2)。他方、「サービス」が若干減速している(6月+1.2→7月+0.9%)。前月比ベースは、コア部分が前月比▲0.2%と若干下落しており、内訳は「エネルギーを除く財」が▲1.9%と下落、「サービス」が+0.7%の加速だった。コア部分は前月比で下落したが、例年7月は下落する季節性(後述)があり、例年と比較すると下落率は小さい(例えば19年7月は前月比▲0.6%)。
(図表3)ユーロ圏の飲食料価格の上昇率と内訳 次に「エネルギー」を見ると、7月は前年同月比▲8.3%(前月▲9.3%)、前月比+0.6%(前月+1.7%)となり、上昇基調が続いている。前年同月比寄与度で見ると▲0.86ポイント(前月:▲0.93%ポイント)まで縮小している(前掲図表1・2)。

一方、「飲食料(アルコール含む)」は前月比で▲1.0%(前月:同▲0.2%)と下落が続き、前年同月比伸び率も+2.0%(前月:同+3.2%)と大きく減速した(図表3)。未加工食品が前月比▲2.9%と大きく下落したことが大きい。

全体では「コア部分」が加速したが、その分「飲食料」が減速したため、全体の物価指数としては+0.4%の加速にとどまった。
(図表4)ユーロ圏HICP上昇率(前年同月比)/(図表5)ユーロ圏HICP上昇率(前月比)
7月の国別のHICP上昇率を見ると(図表4・5)、前年同月比では未公表のオーストリアを除く18か国中12か国で加速、6か国で減速した。加速している国が多く、ベルギー・フランス・イタリアの上昇が目立つが、これは新型コロナの影響で衣類などの夏の値引きシーズンが後倒しされたことによる季節性のずれが要因と思われ、そのため、来月8月の物価はむしろ下落圧力が生じると思われる。一方、ドイツではVAT引き下げによってインフレ率が減速しており、この効果は今年12月まで継続する見込みである4

ユーロ圏の7月の物価は特殊要因で「エネルギーを除く財」が若干上昇したものの、来月にはむしろドイツのVAT引き下げの効果が顕在化するため、下落圧力が大きくなると見られる。また、こうした一時的な要因を除いても、需要低迷からインフレ圧力は弱い状態が続くと言えるだろう。
 
3 飲食料も除く。
4 税率で19%→16%(軽減税率は7%→5%)への引き下げ。
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

35_ext_01_0.jpeg

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、国際経済

(2020年08月03日「経済・金融フラッシュ」)

アクセスランキング

レポート紹介

【ユーロ圏消費者物価(7月)-値引きシーズン後倒しで+0.4%まで上昇】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ユーロ圏消費者物価(7月)-値引きシーズン後倒しで+0.4%まで上昇のレポート Topへ