2020年05月26日

目の不自由な方など印刷物を読むのが困難な方向けの保険会社の対応

保険研究部 主任研究員   小林 直人

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

保険会社の商品は、商品そのものを見てみたり、触ってみたりすることができない。そうした保険会社の商品の内容・取り扱いは、約款をはじめ、様々な通知物等、書面に記載された文字や図面によりお客様に伝えられることが多い。しかし、目の不自由な方は、そうした文字等から情報を得るのに困難が伴う。

目の不自由な方の情報取得の困難さを軽減・解消するためには視覚に代わって触覚や聴覚等を活用することが多いようである。触覚に頼るものとして点字、聴覚に頼るものとして音声があげられよう。

保険会社によっては、目の不自由な方への対応として、点字や音声を活用した対応を行っているので、対応事例を紹介する。

■目次

1――はじめに
2――保険会社の対応事例
  1|点字等の導入事例
  2|音声約款・音声コード等の導入事例
3――保険会社以外の対応事例
  1|国立国会図書館等における事例
  2|水道使用量のお知らせや請求書等における音声コードの導入事例
  3|東日本旅客鉄道株式会社の事例
4――その他の支援機器・ソフト
  1|触覚を利用した機器・ソフト~点字文書作成ソフト・点字プリンター等
  2|聴覚を利用した機器・ソフト~パソコンの画面読み上げソフト・音声読書機
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員

小林 直人 (こばやし なおと)

研究・専門分野
保険商品・法制

アクセスランキング

レポート紹介

【目の不自由な方など印刷物を読むのが困難な方向けの保険会社の対応】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

目の不自由な方など印刷物を読むのが困難な方向けの保険会社の対応のレポート Topへ