2019年07月18日

2018年度生命保険会社決算の概要-外貨建資産、外貨建保険が引き続き増加

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

このレポートの関連カテゴリ

生命保険事業概況 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

生命保険会社41社の2018年度(2019年3月期)決算が6月上旬に出揃った。販売業績面では、新契約高は15.9%増加、保有契約高は▲0.9%減少となった。第三分野は引き続き好調である。保険料等収入は、外貨建保険を中心に増加した。基礎利益は、外債利息等の増収により5.2%の増加となった。国内の低金利状況をカバーするべく、資産運用では外貨建資産、保険販売でも外貨建保険の好調が続いている。

■目次

1――保険業績(全社)
2――大手中堅9社の収支状況
  1|基礎利益は増加
  2|利差益は逆ざや解消以降最高水準
  3|当期利益は実質減少~しかし引き続き内部留保、配当とも安定的な水準
  4|ソルベンシー・マージン比率~高水準を維持
3――かんぽ生命の状況
4――トピックス
  1|外貨建資産の増加~為替変動リスクの増加?
  2|基礎利益の理解に関して~ヘッジコストを考慮した試算~
  3|今後販売業績を支える(かもしない)注目の保険商品など
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【2018年度生命保険会社決算の概要-外貨建資産、外貨建保険が引き続き増加】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2018年度生命保険会社決算の概要-外貨建資産、外貨建保険が引き続き増加のレポート Topへ