2017年09月29日

ねんきん定期便はライフプラン設計を改善するか?-インターネット調査を利用した検証

  北村 智紀

このレポートの関連カテゴリ

公的年金 高齢者世帯の家計・資産 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「ねんきん定期便」によって家計のライフプラン設計が改善するか分析した。米国における公的年金(Social Security)に関する通知では、年金受給に関する知識を向上させる効果が実証されている。独自のデータを利用した検証の結果、年金定期便を良く知っている人は、よく知らない人と比較して、自分が退職後に受け取る年金額について、より現実の額に近い予想をする傾向や、退職までに自分で貯めておく必要がある金融資産を高く見積もる傾向があった。年金定期便によりライフプラン設計が改善した可能性を示唆している。

■目次

1―はじめに
2―分析方法
3―分析結果
4―結論と課題
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

北村 智紀

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【ねんきん定期便はライフプラン設計を改善するか?-インターネット調査を利用した検証】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ねんきん定期便はライフプラン設計を改善するか?-インターネット調査を利用した検証のレポート Topへ