2017年03月02日

どのような人がリスク許容度が高いのか?-個人投資家のリスクプロファイリングに関する実証分析

  北村 智紀

年金資産運用 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

リスク許容度とは、投資家が「どの程度のリスクをとって投資することが向いているか」を表す指標であり、いわば投資家の性格を表すものである。本レポートは、最近の海外において研究されたリスク許容度の推計方法の例を利用し、どのような投資家が低い(高い)リスク許容度を持つ傾向があるのかを検証した。その結果、公的年金への信頼度」、「老後の生活に対する楽観度」が高い人や、「人生設計を行っている」人のリスク許容度が高い傾向があった。

■目次

1――はじめに
2――実務的なリスク許容度の推計方法の例
3――損失した場合の対応に基づくリスク許容度の推計
4――どのような人がリスク許容度が高いのか
5――結論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

北村 智紀

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【どのような人がリスク許容度が高いのか?-個人投資家のリスクプロファイリングに関する実証分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

どのような人がリスク許容度が高いのか?-個人投資家のリスクプロファイリングに関する実証分析のレポート Topへ