2016年09月08日

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子
  岡 圭佑

日本経済 健康・ヘルスケア などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

調査結果のポイント

◆企業の景況感は3期ぶりに悪化、先行きも悪化を見込む
◆従業員の健康保持・増進に対する関心は1年半前と比べて上昇。規模の小さい企業へも波及。
 

調査結果要旨

I.景気動向
1.景況感は3期ぶりに悪化、先行きも悪化を見込む
2.全9地域中7地域で景況感が悪化、先行きは全9地域で悪化
3.15年度は6年連続の増収増益、16年度は増収増益も伸びが鈍化する見通し
4.15年度は全9地域で増収増益、16年度は8地域で増収増益の見通し

II.雇用、設備投資、金融環境
1.雇用拡大意欲はさらに強まる見通し
2.16年度の設備投資は伸び鈍化
3.金融機関の貸出態度は緩和状態

III.企業の“健康経営”推進に向けた健康づくり
1.調査の背景
2.従業員の健康保持・増進への関心が高まっている企業は16.9ポイント上昇。
  ただし「健康経営」を「詳しく知らない」も4割強
3.現在実施している取組みは「健康診断受診の推奨」が最高。今後導入したい取組みは、
  前回調査に引き続き「メンタルヘルス対策」が最高
4.取組み実施企業に限れば、企業規模に関係なく5年程度以上継続している割合が高い
5.7割近い企業でなんらかの改善。ただし、健康状態を示す項目の改善は限定的
6.取組み実施期間が長いほど改善を認識
7.多くの企業で、健康改善の評価軸は「特に決まっていない」
8.今後の推進のためには「従業員の関心」や「健康や健康指導に対する知識や経験」が必要
9.結果のまとめ

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部

村松 容子 (むらまつ ようこ)

岡 圭佑

(2016年09月08日「ニッセイ景況アンケート」)

アクセスランキング

レポート紹介

【ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査のレポート Topへ