2010年04月28日

日本の株式投資家は米国よりも臆病?

金融研究部 主席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

リーマン・ショックをきっかけに注目されるようになったVIX は、S&P500の今後1ヶ月の変動率を予測することから「恐怖の指数」と呼ばれる。同様に日経平均株価の変動率を予測するVXJ は、過去15年間の多くの時期でVIX より高い。一見、日本人投資家は米国人よりも「臆病」なようにも見えるが、本当にそうだろうか。この理由を探ってみた。

(2010年04月28日「ニッセイ年金ストラテジー」)

このレポートの関連カテゴリ

Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   主席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済・資産形成

経歴
  • 【職歴】
     1993年 日本生命保険相互会社入社
     1999年 (株)ニッセイ基礎研究所へ
     2023年より現職

    【加入団体等】
     ・日本ファイナンス学会理事
     ・日本証券アナリスト協会認定アナリスト

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【日本の株式投資家は米国よりも臆病?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本の株式投資家は米国よりも臆病?のレポート Topへ