アセットマネジメント

年で絞り込む

2017年09月08日

新興国株式投資は分散が重要?~2017年8月の投信動向~

56594_ext_03_0_S.jpg

2017年8月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外は資金流入しており、全体で5,000億円を超える資金流入があっ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2017年09月07日

東京Aクラスビルの成約賃料が再上昇。売り時判断の増加で不動産売買は拡大。-不動産クォータリー・レビュー2017年第2四半期

景気回復が続く中で、天井感のあった東京都心部Aクラスビルの成約賃料が再上昇した。オフィス市況は東京だけでなく主要都市でも好調が続いている。訪日外国人旅行者...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅
金融研究部

2017年09月05日

資本コストから見たPBR効果~要因分析から今後の動向を考える~

日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも高い収益が得られる傾向があります(本稿ではこの傾向を「PBR効果」と呼びます)。アベ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2017年09月05日

DBとスチュワードシップ・コード

6月に閣議決定された「未来投資戦略2017-Society 5.0 の実現に向けた改革-」には、DBによるスチュワードシップ・コード受入れの促進などを通じて、...

続きを読む

2017年09月01日

正しい投資への道~失敗しないための具体的な方法のいくつか~

56538_ext_03_0_S.jpg

「正しい投資」、つまり目的に適った一番効果がある投資をするのにはどうしたら良いだろうか。そのためには、まず、適切な「投資の目的」の設定が必要だが、これが案...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘
金融研究部

2017年08月30日

正しい投資とは何か~投資の勝ち負け~

56523_ext_03_0_S.jpg

長らく投資の世界で仕事をしていると友人や知人から「正しい投資の仕方を教えてほしい。具体的にどうするのが良いのか。」などとアドバイスを求められることがある。...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘
金融研究部

2017年08月29日

【アジア・新興国】アジアの保険会社による不動産投資の拡大も踊り場に~当面は中国政府の海外投資規制強化に注目~

ニッセイ基礎研究所では、2015年からアジアの保険会社による不動産投資動向を調査しており、台湾や韓国の保険会社の積極的な不動産投資姿勢や、解禁以降の数年間...

続きを読む

増宮 守

増宮 守
金融研究部

2017年08月10日

監査法人の適正意見とは-“お墨付き”という表現を、早急に改めた方が良いのでは

56385_ext_03_0_S.jpg

新聞やテレビのニュース報道で、上場企業等の有価証券報告書に対して監査法人が発する適正意見を“お墨付き”と説明する事例を見ることがある。しかし、“お墨付き”...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2017年08月08日

東京Aクラスビルの成約賃料が再上昇。売り時判断の増加で不動産売買は拡大。~不動産クォータリー・レビュー2017年第2四半期~

景気の回復が続いている。企業業績の回復が顕著で、内閣府は景気の基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」へ引き上げた。景気拡大で宿泊・飲食や運輸、建設業な...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅
金融研究部

2017年08月08日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機ー買入減額・売却時のシミュレーション

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2017年08月07日

人気に陰りが見え始めた毎月分配型~2017年7月の投信動向~

56349_ext_03_0_S.jpg

2017年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式から資金流出していたものの、流出金額は30億円程度と小額であった。国内...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2017年08月03日

投資教育で大事なことは

昨今の日本では、「貯蓄から投資」への一環として、金融リテラシー向上の必要性が強く叫ばれている。中でも確定拠出年金制度では加入者の半数近くが預金など元本確保...

続きを読む

2017年08月03日

NOMURA-BPI総合は年金にとって適切なインデックスなのか

株式や外債においては、時価加重平均型インデックスに対する批判が強くなっている。スマートベータの流行も、単に有効なアクティブ運用が見出せないために、代替的な...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2017年08月03日

海外金利の上昇は国内金利に影響するのだろうか?

昨年末以降、米国の利上げペースが加速している。そして、米国の金利上昇は、国内金利の上昇圧力となりうる。当面、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の継続が...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子
金融研究部

2017年08月01日

主成分分析の観点から見た日本国債金利と米国債金利の連動性-アベノミクス下のイールドカーブの変化を振り返る

米国の金融政策では今後も利上げを行う方向性が示されている一方で、日本では異次元金融緩が継続されると見られている。日本国債金利と米国債金利間の連動性から、米...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2017年08月01日

大丸有(大手町、丸の内、有楽町)の国際化にみる今後のエリア包括的開発への期待

56314_ext_03_0_S.jpg

日本生命保険は、オフィスビルを中心に日本全国に多数の不動産を保有しています。東京駅の丸の内側には多数の超高層ビルが林立していますが、丸の内北口改札から最も...

続きを読む

増宮 守

増宮 守
金融研究部

2017年07月21日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響

通貨スワップとは、米ドルや円といった異なる通貨のキャッシュフローを交換する取引のことである。通貨スワップは1年以上の比較的長期で取り組まれることが通例であ...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2017年07月20日

マイナス金利政策による市場変化と成長-巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか

日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合において、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入を決定し、即日、公表した。金融機関等が日本銀行に有してい...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2017年07月18日

急増する国内外国人人口・世帯数

日本国内では日本人人口が減少する一方で外国人の人口と世帯数が急増している。2016年の一年間に日本人は全国で▲31万人減少したが、外国人は+15万人増加し...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅
金融研究部

2017年07月13日

資本主義で容認される価格統制-政策目的の市場介入は、違法な相場操縦と何が異なるのか

56167_ext_03_0_S.jpg

輸出入の量をコントロールするなどの目的から、人為的に市場に介入し為替レートを適切と考えられる水準に導くことは、“為替介入“として先進国の間では嫌われ、時に...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アセットマネジメントのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る