アセットマネジメント

年で絞り込む

2018年06月15日

関係先企業の株価収益率に基づく投資戦略-商流データに基づく先行研究との比較

58850_ext_03_0_S.jpg

企業間の販売・仕入関係と株価に着目した先行研究によると、株式を売買する際に、売買対象株式自体の収益率ではなく、売買対象株式を発行する企業の販売先企業が発行...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子
金融研究部

2018年06月07日

AI関連ファンドの人気は短命かも?~2018年5月の投信動向~

58803_ext_03_0_S.jpg

2018年5月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入が続いた。流入金額は、国内株式が90...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年06月07日

日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で個人の資産形成を

58792_ext_03_0_S.jpg

日本銀行が大規模な金融緩和策を導入して5年が経過した。緩和策の効果について様々な見方がある一方、いわゆる“出口戦略”に関しては議論が進んでいるとはいえない。

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2018年06月05日

コーポレートガバナンス・コードとPBR1倍割れ企業

58744_ext_03_0_S.jpg

コーポレートガバナンス・コードの改訂案では資本コストが強調されている。資本コスト割れの事業を展開すれば、株主が提供した資本を毀損させるとの評価を受ける。資...

続きを読む

川北 英隆
2018年05月18日

4月の低PBR株、優位について~円安だけではなかった可能性も~

58677_ext_03_0_S.jpg

日本の株式市場では、4月に低PBR株が円安などを好感して、大きく上昇しました。低PBR株が好調だった影で、高PBR株に対する投資家の見方が変化した可能性が...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年05月10日

外国REITと外国債券からの資金流出が続く~2018年4月の投信動向~

58637_ext_03_0_S.jpg

2018年4月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型へ資金流入していた。ただ、3資産クラスとも流入金...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年05月07日

ESG投資に日本企業はどのように対峙すべきか?

58544_ext_03_0_S.jpg

ESGに関わる関心が高まっている。その背景には、人口増加や都市化の進展に伴う資源限界の問題がある。日本企業はESG投資に関わる取り組みを機会とみて、それが...

続きを読む

加賀谷 哲之
2018年05月01日

築年数が経過しても賃料が下がりにくい地域はどこか?~マンション賃料形成要因の地域別分析

58565_ext_03_0_S.jpg

マンション賃料は、一般的に、築年数の経過に伴い下落する。それ故、賃貸マンション投資を行う際には、築年数が経過しても賃料が大幅に下がらない物件を見極めること...

続きを読む

吉田 資

吉田 資
金融研究部

2018年05月01日

インサイダー取引規制強化の効果の再考-公表前の売買高に影響したか?

58557_ext_03_0_S.jpg

2014年の金融商品取引法改正にあたり、インサイダー取引規制の強化が図られた。本稿では、公募増資に関わるインサイダー取引が行われる場合、公募増資公表日前に...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

2018年04月16日

米国債利回りと連動しなくなった日本国債利回り

58429_ext_03_0_S.jpg

日本国債利回りを米国債利回りで回帰すると回帰係数がゼロ近辺にあり、日本国債利回りと米国債利回りが連動しなくなっていると考えられる。主成分分析を用いて日本国...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2018年04月16日

インサイダー取引規制強化の効果-公表前の株価下落に影響したか?

58428_ext_03_0_S.jpg

2014年の金融商品取引法改正にあたり、インサイダー取引規制の強化が図られた。本稿では、公募増資に関わるインサイダー取引が行われる場合、公募増資公表日前の...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化

58358_ext_03_0_S.jpg

マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2018年04月06日

逆張り投資に利用される国内株パッシブ~2018年3月の投信動向~

58354_ext_03_0_S.jpg

2018年3月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式と外国株式への資金流入が続き、流入金額は共に3,000億円に迫った。バ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年04月04日

実効性のある政策的資産構成割合に向けて

58256_ext_03_0_S.jpg

4月から原則として全ての確定給付企業年金(DB)で、政策的資産構成割合の策定が義務付けられる。従来、努力義務とされ、政策的資産構成割合が策定されていないD...

続きを読む

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2018年04月04日

キャッシュ・フローが日本株式の上値を重くする可能性も

58259_ext_03_0_S.jpg

日本株式は昨秋から上昇傾向を強めていたが、1 月下旬から2月中旬に調整した。調整した背景には、キャッシュ・フローの拡大が緩やかで割高感があったことも挙げられ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年04月03日

日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で個人の資産形成を

58303_ext_03_0_S.jpg

日本銀行が大規模な金融緩和策を導入して5年が経過した。円安が企業業績を改善させ、十分とはいえないが設備投資や賃金の増加に結びつくなど一定の効果はみられる。...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2018年03月29日

株式市場の反応は資金の募集形式により異なるか?

58274_ext_03_0_S.jpg

企業が外部から資金を調達するという情報に、株式市場は反応することが知られている。これは、情報を多く持っている経営者の行動から、一般投資家が企業の価値を探ろ...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

2018年03月12日

利回り低下が継続するヘッジ付き米国債

58129_ext_03_0_S.jpg

ヘッジ付き米国債の利回りの低下傾向が継続している。ヘッジ付き米国債の利回りが低下している原因は、米国債利回りは上昇しているものの、それ以上にヘッジコストが...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アセットマネジメントのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る