2017年02月28日

シェアハウスのチャノマが商店街の空気を動かした!?-縁をつなぎ、縁を広げる空間「コトナハウス」とは?

社会研究部 都市政策シニアリサーチャー   塩澤 誠一郎

都市計画 土地・住宅 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「コミュニティ型賃貸住宅」は、入居者同士や入居者と地域住民とのコミュニティを育む賃貸住宅のこと、「共感コミュニティ」は、人々の共感に基づくゆるやかなつながりである。

「コミュニティ型賃貸住宅」に「共感コミュニティ」をプラスすると、住人と、地域の人や様々な背景を持った人とのつながりを育むことが期待できる。そうすれば、多様なつながりを持った、共助の関係に前向きな住人が、地域の担い手になっていくのではないか。「コトナハウス」 は、まさにそのような場と言える。

■目次

1――「コミュニティ型賃貸住宅」に「共感コミュニティ」をプラスする
2――コトナハウス-子どもと大人が学び合う場
  1|地域に開かれた場所が備わったシェアハウス
  2|チャノマの運営
  3|学びあうための主催プロジェクト
3――コトナハウスの住人は地域の担い手となるか
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
64_ext_01_0.jpg

社会研究部   都市政策シニアリサーチャー

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【シェアハウスのチャノマが商店街の空気を動かした!?-縁をつなぎ、縁を広げる空間「コトナハウス」とは?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

シェアハウスのチャノマが商店街の空気を動かした!?-縁をつなぎ、縁を広げる空間「コトナハウス」とは?のレポート Topへ