2016年08月22日

EUソルベンシーIIの動向-UFR(終局フォワードレート)水準の見直しを巡る動きと今後の展望-

保険研究部 取締役   中村 亮一

文字サイズ

■要旨

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて、UFR(Ultimate Forward Rate:終局フォワードレート)という概念が導入されている。このUFRについて、通貨ユーロの場合には現在4.2%という水準に設定されていることから、この水準が昨今の金利水準に比較して高く、結果として、責任準備金の過小評価につながっているのではないか、との批判が起きていた。これを受けて、EIOPA(欧州保険年金監督局)において、UFRの見直しに関する議論が進められ、EIOPAは4月20日に「UFRの方法論とその実施に関するコンサルテーション・ペーパー」を公表していた。

なお、こうしたUFRを巡る議論の状況については、これまで、基礎研レター「EUソルベンシーIIの動向―最近のUFR(終局フォワードレート)を巡る議論はどうなっていたのか―」(2016.1.12)(以下、「前回のレター」という)及び保険年金フォーカス「EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)の見直しに関するコンサルテーション・ペーパーを公表-」(2016.4.25)(以下、「前回の保険年金フォーカス」という)で報告してきた。

コンサルテーション・ペーパー(以下「CP」という)に対するコンサルテーション期間は7月18日に締め切られて、関係団体からの意見も公開されていることから、今回のレポートでは、その概要を説明するとともに、こうしたコメントを受けての今後の展望について報告する。

■目次

1―はじめに
2―UFR(終局フォワードレート)の概念及びCPの概要
  1|UFRとは
  2|現在のUFR水準
  3|CPで示されたUFR水準の見直しの概要
3―CPに対する関係団体の意見や反応
  1|Insurance Europe(欧州保険協会)の意見
  2|DAV(ドイツアクチュアリー会)のコメント
  3|GDV(ドイツ保険協会)のコメント
  4|Allianz(アリアンツ)のコメント及び反応
  5|CFO Forum 及び CRO Forumのコメント
  6|DNB(オランダ中央銀行)の反応
4―CPで示されたUFR水準の見直しに伴う影響
  1|全体の影響度
  2|各国毎の影響度
  3|オランダの保険会社の影響度
  4|その他の欧州大手保険グループの影響度
5―UFRを巡るその他の動き
  1|IAISにおけるICSでの取扱
  2|スイスの監督当局FINMAの対応
  3|日本の保険会社の対応
6―UFR水準の見直しを巡る今後の展望
  1|今回のUFR水準の見直し案に対してはスタンスの違いが存在し、調整が必要な状況
  2|EIOPA内の各国の監督当局間でもスタンスの違いが存在-PRAのスタンスが注目-
  3|欧州委員会等の関与が不可避な状況か
  4|今後の動向については、不透明性が拡大
7―まとめ
 

1―はじめに

1―はじめに

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて、UFR(Ultimate Forward Rate:終局フォワードレート)という概念が導入されている。このUFRについて、通貨ユーロの場合には現在4.2%という水準に設定されていることから、この水準が昨今の金利水準に比較して高く、結果として、責任準備金の過小評価につながっているのではないか、との批判が起きていた。これを受けて、EIOPA(欧州保険年金監督局)において、UFRの見直しに関する議論が進められ、EIOPAは4月20日に「UFRの方法論とその実施に関するコンサルテーション・ペーパー」を公表していた。

なお、こうしたUFRを巡る議論の状況については、これまで、基礎研レター「EUソルベンシーIIの動向―最近のUFR(終局フォワードレート)を巡る議論はどうなっていたのか―」(2016.1.12)(以下、「前回のレター」という)及び保険年金フォーカス「EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)の見直しに関するコンサルテーション・ペーパーを公表-」(2016.4.25)(以下、「前回の保険年金フォーカス」という)で報告してきた。

コンサルテーション・ペーパー(以下「CP」という)に対するコンサルテーション期間は7月18日に締め切られて、関係団体からの意見も公開されている1ことから、今回のレポートでは、その概要を説明するとともに、こうしたコメントを受けての今後の展望について報告する。
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【EUソルベンシーIIの動向-UFR(終局フォワードレート)水準の見直しを巡る動きと今後の展望-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUソルベンシーIIの動向-UFR(終局フォワードレート)水準の見直しを巡る動きと今後の展望-のレポート Topへ