2006年04月25日

CO2排出は財務リスクとなるか?--マテリアリティの視点から-

  川村 雅彦

環境経営・CSR などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

CSR活動の企業価値に与える影響を意味する「マテリアリティ」という新しい概念が、欧米のSRIやCSRの議論において台頭してきている。
一方、昨年2月に京都議定書が発効し、わが国は1990年比で2008年から2012年にかけてGHG総量を6%削減する義務が課された。
そこで本稿では、マテリアリティの考え方を整理したうえで、一つのケーススタディとして、粗い仮想的な前提を基に、業種別にわが国の代表企業の地球温暖化防止(CO2排出量削減)の達成のためのコストが企業収益に対してどの程度の影響を及ぼすのか定量的に試算してみた。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【CO2排出は財務リスクとなるか?--マテリアリティの視点から-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

CO2排出は財務リスクとなるか?--マテリアリティの視点から-のレポート Topへ