2023年06月02日

欧州大手保険Gの生命保険事業の収益構造について-2022年決算数値等に基づく結果報告-

保険研究部 研究理事 気候変動リサーチセンター兼任 中村 亮一

文字サイズ

■要旨

欧州大手保険グループの2022年決算数値が、2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Report等の形で公表されている。

これらの2022年決算数値に基づいて、このシリーズの前々回のレポートでは、生命保険事業を中心とした地域別の事業展開の状況について、前回のレポートでは、生命保険事業の新契約の状況について報告した。

欧州の生命保険事業の収益を取り巻く環境は、不透明さを増す金融市場環境下で、投資関係の損益を中心に、難しい経営管理が必要とされるものとなっている。

今回のレポートでは、2022年の生命保険事業の営業利益等の収益構造に関する各社の情報提供の内容について報告する。なお、今回は、これまでのレポートにおける7社とは異なり、収益構造に関する詳しい情報開示を行っているAXA、Allianz、Generali(参考としてPrudential)に絞って報告する。

■目次

1―はじめに
2―欧州大手保険グループ各社の収益構造
  1|AXA
  2|Allianz
  3|Generali
  (参考)Prudential
3―まとめ
  1|今回の報告の趣旨
  2|欧州大手各社の収益構造の比較
  3|今後の生命保険会社の収益構造及び収益性の評価のための開示情報
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   研究理事 気候変動リサーチセンター兼任

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【欧州大手保険Gの生命保険事業の収益構造について-2022年決算数値等に基づく結果報告-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州大手保険Gの生命保険事業の収益構造について-2022年決算数値等に基づく結果報告-のレポート Topへ