2021年06月14日

欧州2021年保険ストレステスト(2)-ストレステストのシナリオ、ショック及びその適用の概要-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

EIOPA(欧州保険年金監督局:European Insurance and Occupational Pensions Authority)が、5月7日に「2021年の保険のストレステスト」の実施内容を公表した。

保険ストレステストは、不利な財政的及び経済的状況における欧州保険市場の耐性力を評価し、市場の脆弱性を特定する。今回はあくまでも実施内容の公表であり、その結果の公表については2021年12月に行われることが予定されている。

今回のストレステストの全体的な概要については、前回のレポート「欧州保険ストレステスト2021(1)-EIOPAが第5回目のEU全体の保険のストレステストの実施内容を公表-」(2021.6.9)で報告した。

そのレポートの中で述べたように、2021年の保険ストレステストは、「より長期のより低い」金利環境での長期化するCOVID-19シナリオに焦点を当てている。欧州システミック・リスク理事会(ESRB)と協力して開発されたシナリオでは、世界中の信頼に影響を与え、経済的縮小を長引かせるCOVID-19パンデミックの経済的影響を評価する。ストレステストは、対象会社の資本への影響と流動性ポジションの両方を評価する。

今回のレポートでは、2021年の保険ストレステストのストレスシナリオの具体的内容について、EIOPAによる技術仕様書(Insurance Stress Test 2021 Technical Specifications)に基づいて報告する。

以下の図表は全て、技術仕様書からの抜粋及びその筆者による翻訳である。

■目次

1―はじめに
2―ストレステストのシナリオ、ショック及びその適用の概要
3―市場ショック
4―保険固有のショック
  1|大量解約ショック
  2|死亡率ショック
  3|パンデミックによる罹病率ショックと損害賠償請求額の増加
  4|再保険インフローへのショック
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【欧州2021年保険ストレステスト(2)-ストレステストのシナリオ、ショック及びその適用の概要-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州2021年保険ストレステスト(2)-ストレステストのシナリオ、ショック及びその適用の概要-のレポート Topへ