2020年05月08日

どうやって利回りを稼ぐのか

年金資産運用 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

新型コロナウイルス(COVID-19)による肺炎の影響が世界経済全体を脅かす中で、GPIFが3月末に新しい中期計画と基本ポートフォリオを公表している。資産配分での大きな変更としては、国内債券への配分を35%から25%へと引下げ外国債券に振り向けている。2014年10月末の見直し以前は、国内債券への配分は60%であったから、半分以下になってしまったのである。

以前から世間では、GPIFがリスクを高めた運用にシフトしたと、批判する見方は少なくなく、特に、株価の大きな下落等によって損失が生じた局面では、GPIFを批判する声は一層高まる。メディアだけでなく、野党も声高に政権とGPIF を批判する。

しかし、リスクのないところではリターンが得ることができないのが、投資の鉄則である。リスクの低い国内債券だけで運用していたら、損失の発生は抑えられたであろうが、必要な運用利回りを達成することが出来ず、確実に将来の年金給付減額を招く。

新中期計画において、引続き公的年金の運用目標は賃金上昇率に対して1.7%の上乗せとされた。この水準はマイナス金利の日本国債への投資だけでは、容易に実現出来ない。リスクを取らなければならないのは、現下の運用環境から求められる必然である。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

(2020年05月08日「ニッセイ年金ストラテジー」)

アクセスランキング

レポート紹介

【どうやって利回りを稼ぐのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

どうやって利回りを稼ぐのかのレポート Topへ