2019年07月09日

老いる中国、介護保険制度はどれくらい普及したのか(2018)-15のパイロット地域の導入状況は?

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――15の全パイロット地域で介護保険制度を導入
2――多様性がありすぎる?中国の介護保険制度の特徴
  1|制度運営―事務業務などは民間保険会社に委託
  2|被保険者―都市就労者から、段階的に非就労者・農村住民へと拡大
  3|財源―試験導入期間中は、多くの地域が公的医療保険の財源を転用
  4|サービス利用者としての認定―要介護度が重度のものに限定しつつも、
    段階的に拡大
  5|サービスの利用―現物給付を軸としながらも、現金給付を併用するケースも
3――介護保険の制度内容―高齢化が進んだ上海市を例に
4――今後検討すべき課題


※本稿は2018年8月27日発行「基礎研レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【老いる中国、介護保険制度はどれくらい普及したのか(2018)-15のパイロット地域の導入状況は?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

老いる中国、介護保険制度はどれくらい普及したのか(2018)-15のパイロット地域の導入状況は?のレポート Topへ